カンボジアからの新しい風は技能実習生!

  • カンボジアの発展のための技能実習生

    • 技能実習生とは日本の企業に発展途上国の人を受け入れて働きながら技術を身につけてもらい、母国に帰ってからその技術を広めてもらうことで国の発展に寄与してもらうという主旨で行われている制度です。
      国際貢献の一環として行われている制度です。
      様々な国から受け入れを行っていますが一際数が多いのがカンボジアです。

      技能実習生は専門の団体があっせんする場合と企業が独自のパイプで雇用する場合とあります。
      主旨は同じですが講習の期間や在留資格などに違いがあります。

      カンボジアの技能実習生関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

      前者の場合はカンボジアなどの国から来た人たちに団体が講習を行い、その後協力している企業へ送り出します。

      後者の場合は企業が講習から実務まですべて面倒を見ます。
      技能実習生となっていますが実際に仕事を行うので賃金も支払われます。

      最大3年間仕事をしながらそれぞれ技術を学び、帰国後にその技術を広める役割をすることになります。

      日本とカンボジアは縁が深く、早い段階から技能実習生の受け入れを開始していました。



      日本は技術力が高いことで有名で、日本で学びたいという外国人は非常に多くいます。


      日本の企業としても日本人を雇うよりも安価で労働力を得ることができるため、歓迎されています。

      様々な業種の企業が協力しているため、世界中で日本の技術が使われています。

      しかし問題がないわけではありません。
      日本の方が生活環境が良いため、技能実習生の期限が切れてもそのまま居座ってしまったり、企業側も安価な労働力を失いたくないためそれを隠してしまうということが多発しています。



top