カンボジアからの新しい風は技能実習生!

  • カンボジアの技能実習生は母国で活躍

    • 技能実習生とは外国から日本に来て技術を学ぶことができるという制度です。


      技能実習生は講習を受けた後企業に雇用され、そこで働きながら様々な技術を習得します。

      カンボジアの技能実習生の情報が必要な方必見です。

      最大3年間で習得した技術を母国へ持ち帰り、経済発展に寄与するというシステムです。

      国際貢献の一環として多くの先進国で行われている制度です。



      日本は技術力が高い国として評判になっていて日本で学びたいという外国人は非常に多くいます。

      技能実習生には大きく分けて2つの種類があります。

      専門の団体が企業にあっせんする場合と企業が独自のパイプで雇用する場合です。

      前者の場合は団体が一旦技能実習生を受け入れて講習を行います。その後協力している企業にあっせんを行います。



      後者の場合は現地にある支社などを通じて企業が講習から就労まですべて面倒を見ます。

      主旨はどちらも同じですが講習の期間や滞在資格などに小さな違いがあります。

      カンボジアと日本は縁が深く、制度ができる前から多くの若者が日本に学びに来ていました。カンボジアに帰った実習生たちは学んだ技術を生かして母国の発展に大きく貢献しています。


      現在でも多くの人がカンボジアから日本に来て頑張って働きながら技術の習得に励んでいます。

      企業側からしても日本人を雇用するよりも安く雇用することができるため、制度に賛成するところは増えてきています。
      しかし言葉の問題や最大3年間しかいないのでそのあとはまた受け入れても指導を初めからしなければならないという手間やコストの問題があります。


      国が受け入れる企業を支援するような仕組みが必要です。

top