住宅型有料老人ホームのメリットとデメリットについて

有料老人ホームのタイプの1つに、住宅型有料老人ホームがあります。
住宅型有料老人ホームは、自立した生活に重点を置きながら、万が一、介護が必要となった場合にも対応ができるタイプとなっているために、自由度の高い施設となりますが、入居を申込む場合にはメリットとデメリットを把握した上で判断をすることが大切になります。

まず、メリットとしては、自由度が高いために、介護型と比べて自立した生活を送ることができる点があります。

All About情報を利用してみませんか?

充実した入居生活を送ることができるように様々な設備を設けている施設も多く、イベントやレクリエーションも多数催されています。



参加に関しては自由になっているために廻りとの付合いに煩わされることも少なく、自分のペースに合わせた生活を送ることができるようになっています。

次に、介護が必要になった場合においても自分に合った内容のものを選ぶことができます。

住宅型の場合には、介護専門のスタッフが配置されていない点が介護型との大きな違いとなりますが、ほとんどの事業所は施設内に介護サービス部門を設けており、ここでは、24時間の対応からケアプランの作成など、様々なサービスを受けることができるようになっています。



また、介護に使用できる点数を限度額まで使用することも無いために、その分、介護関連のレンタルを使用でき、製品の交換に関しても無償で受けることができます。

施設は医療機関と提携をしているところも多く、緊急の場合でも迅速な対応を受けることができるようになっています。
反面、デメリットとしては費用がかかる点があり、多くは、介護型よりも高い料金設定となっています。

他にも、施設によっては介護度が重くなった場合には転居を入居条件としている場合もあり、入居をする場合には、事前に内容を確認した上で申込をする必要があります。