カンボジアからの新しい風は技能実習生!

  • カンボジアの技能実習生を育てるには?

    • 少子高齢化社会とデフレが進行する現代において、これからの企業が雇う必要があるのは外国人労働者です。


      すでに、アジアなどから多数の労働者を技能実習生として雇用している企業も少なくありません。

      カンボジアの技能実習生の相談ならココです。

      その最たる国の例の一つがカンボジアです。
      ですが、雇用を考えてる方も雇用したばかりの方も「どのようにして彼らを育成すればよいのだろう?」とお困りになられているのではないでしょうか。
      当然のことながら言葉の壁はあります。ではもし会社にカンボジア出身の技能実習生を雇うならどう教育すべきなのか。

      言葉の壁を乗り越えるために最も必要なのは日本語を学ぶ機会を企業側が提供することですが、そのような時間や予算を取ることが難しい企業も現代日本では少なくありません。



      しかし、言葉の壁を越えなくても教育は行えます。
      それは実際に学校で行われているノウハウを参考にするということです。



      なぜ学校なのか。

      それは学校が教育機関だからです。

      企業でも学校のやり方は応用できます。


      具体的には日本人と同じグループに分けることです。

      小グループに分けると技能実習生は日本人の労働を見て学ぶことができるほか、小グループであるためコミュニケ―ションの機会が増え日本語も徐々に学習しながら仕事に慣れていくということです。もうお気づきになられたかもしれませんが、この方法は留学生が転校してきたときなどにも多用される方法なのです。
      カンボジアと日本という国境を超える。

      その手立ては意外と身近に潜んでいるのかもしれません。


top