カンボジアからの新しい風は技能実習生!

  • カンボジア技能実習生受け入れには利点が多くあります

    • 世界的に見れば、日本の賃金水準は、非常に高い状態が続いています。

      そのため、特に東南アジアの若者を中心として、日本で働くことを希望する人が増えています。そして、日本では、特に中小企業を中心として、労働力不足が大きな問題になっています。
      カンボジアでは、日本企業で働き多くの賃金を得ながら、技能を習得し本国で活かすため、技能実習生になることを希望する人が、数多くいます。
      日本企業からしてみても、カンボジアからの技能実習生を受け入れることで、労働力不足を解消することができます。特に、中小企業では、即戦力として働くことで、技能を上昇させると同時に、現場の稼働率を上げることができます。

      日本企業で働くためには、仮にコミュニケーションが重視されない工場内勤務であっても、最低限の日本語能力が必要です。カンボジアからの技能実習生は、本国や日本で日本語教育を受けており、日本語能力には問題がありません。

      また、就業訓練を受けている場合もあるので、企業内で即戦力として、受け入れることも可能です。

      魅力的なカンボジアの技能実習生が最近こちらで話題になりました。

      身元保証もされているので、安心して雇用することができます。
      カンボジアはアジアに位置しており、日本と文化面や生活面が、似ている面があります。基本的に、主食は米であり、日本と同じように年上を敬う文化もあります。
      技能実習生が日本の生活に溶け込めないことは、極めて少ないです。



      カンボジアからの技能実習生を受け入れることは、実習生側にも、企業の側にも利点が数多くあります。



top